友達は少ない方がいいんじゃない??

おしゃべり孤独ブロガーのおじゅんが、仕事や生活や下ネタについて語る。自営をしてたので、その話も。友達は少ないです。

【京王杯スプリングカップ】過去レースの傾向をまとめてみた

5月14日に東京競馬場で行われる、京王杯スプリングカップ

このレースの過去のデータから、読み取れる事をまとめました。

 

ちなみにこのレースを選んだ理由は、そこそこ馬券が荒れる可能性があるからです(単純)。

 

【06年~15年(10開催分)の1~3着馬の傾向をまとめてみた】

 

3連単「10万円超え」は、10開催中に4回。

・前走が「高松宮記念」だった馬のうち、1頭以上が3着以内に入っているのは10開催中に6回。

・前走が「1着」の馬のうち、1頭以上が3着以内に入っているのは10開催中に5回。

 

・過去10開催の1~3着馬30頭の内、前走が

 芝1600・・・12頭

 芝1200・・・9頭

 芝1400・・・6頭

 芝1800・・・1頭 だった。

・逃げ馬(コーナー順位に「1」を含む馬)の優勝は、06年の1回のみ。しかし3着以内までに入った回数は、10開催中に4回。

・馬番が「10番以降」の馬が、10開催中に必ず1頭以上は3着以内に入ってきている。

 

・・・ざっと挙げるとこんな感じです。データを見る限り、「逃げ先行」よりも「差し追い込み」の馬の方が有利なレースという印象です。

10開催中全ての年で、コーナー順位が「6」より下の馬が最低1頭は、3着までに入ってきています。

 

また前走はG1~G3経由の馬が多いですが、時折OPや1600万以下を経由して来る馬(10年で8頭)もいるので、伏兵には注意が必要です。

 

また「高松宮記念」経由の馬ですが、好成績を残した馬よりも凡走だった馬の方が、当レースでは好走する傾向にあります。

該当する馬9頭の内、「高松宮記念で3着以内」だった馬は僅かに2頭だけです。

 

これらを踏まえて、近々予想を挙げたいと思います。