友達は少ない方が良いんじゃない??

ワンクッションのフレーズを入れる、という事が接客では大事なんです

仕事をしていると、次の受付のための準備等でお客さんにお待ちいただくことがよくあります。

 

待ってもらう時間は30秒も無い事が殆どですが、それは「結果論」であって、お客さんからしてみれば「スタッフが急に席を離れた。私はどうしたらいいんだろう」と少なからず思っている可能性があります。

 

その為おじゅんは、持ち場を少しでも離れる時やお客さんに少しデリケートな質問をする時(年収を記入する場合etc)、ワンクッションのフレーズを入れて対応しています。

 

「少々お待ちください」と「少々お待ちください。受付に必要なものを用意してきます」と伝えるのでは、後者の方がお客さんの心のストレスは少なくなるはずです。

広告を非表示にする