競馬はどのレースが荒れる?予想の参考になる高配当のコースまとめ

f:id:oshaberiitboy:20171020050159j:plain

 

日本に10箇所あるJRAの競馬場から、『荒れやすいレース』を紹介します。

 

荒れやすいレースって、本当にあるの?

 

あります!

 

高配当が出やすいコースは、ちゃんと存在するよ!

 

 競馬に毎レース大金をブチ込める人なんて、そういないと思います。

 

「少ない掛け金で、高配当を狙いたい!」

 

と鼻息荒く意気込む人も多いはず。

 

つまり事前に荒れそうなコースが分かっておけば、資金をそこに集中することができます。

 

むやみやたらに、たくさんのレースを買わなくても良いんです!

 

 

 

参考にしたデータ 

 

尚、今回の調査は以下のサイトをベースにしています。

 

第663回 本命度の高いコース、波乱度の高いコースを知ろう|データde出〜た|競馬情報ならJRA-VAN

 

2013年のデータだけど、信頼性は高いよ!

 

一度にまとめると多くなるので、競馬場を関東と関西に分けて作成しました。

 

中京は位置が微妙ですが、G1ファンファーレが関西版なので関西グループにしてます。

 

荒れるレース:関東の競馬場編

 

まずは関東グループの競馬場、6場のデータを見ていきましょう。 

 

東京 芝1400 芝1600 ダ1300 ダ1400

中山 芝1600 ダ1800

函館 芝1200

札幌 芝1200

新潟 芝1400

福島 芝1200 ダ1000 ダ1700

 

芝コースでは「短めの距離」、ダートコースでは「長めの距離」が波乱が起きやすいです。

 

特に『新潟芝1400』は強烈です。

 

上のJRA-VANのデータでは、「新潟芝1400」レースのみが単勝の回収率が100%を超えいます。

 

これは「出走する全馬の単勝を買い続けても、収支はプラス」になる計算です。

 

あくまでデータは結果論ですが、かなり波乱が起きるレースで間違いありません。

 

僕も新潟芝1400で多頭数のレースは必ず買ってます

 

小回りコースは「巧者」を狙う

 

中山・函館・札幌の3場では「巧者」がよく存在します。

 

巧者とは、「特定の競馬場でよく走る」という馬のこと。

 

小回りで特殊なコースだから、ハマった馬が走りやすいんですね。

 

この3場のレースは、特に「出走馬の過去の成績に注目」してください。

直近の成績がイマイチでも、過去に同じコースで好走してたら馬券に絡む可能性ありです。

 

人気が低い「巧者」がいたら、僕は迷わず買う!!!!

 

競馬新聞では4〜5走前の成績までしか見られませんが、JRA公式HPなら新馬戦から最新の成績まで全て見ることができます。

 

荒れるレース:関西の競馬場編

 

それでは、次に関西の競馬場のデータ。

 

京都 芝1200 芝1400 芝3200 ダ1800

阪神 芝1400 芝2000 ダ1200 ダ1800

中京 芝1400 芝2000

小倉 芝1200

 

 関西も短い芝コース、長いダートコースが荒れやすいです。

 

また阪神・中京では芝2000という、中距離コースが含まれてるのもポイント。 

 

そして関西では、特に「小倉競馬場」で巧者が発生しやすいです。

 

小倉でも直近がイマイチな巧者を見つけたら、積極的に馬券で狙っていきたいところ。

 

おわりに

 

f:id:oshaberiitboy:20180106032535j:plain

 

 

以上、競馬の荒れるコースについてまとめました。 

 

思ったよりも、高配当が期待できるコースって多いんですね。

 

振り返ると、芝コースでは「1200m」と「1400m」が波乱度が高め。

  

特に芝1400は「スプリンターでは少し長い」けど「マイラーではちょっと短い」という絶妙な距離が、予想を立てにくくしてるんでしょう。

 

ダートでは長い距離だと波乱の決着になりやすいということも分かりました。

 

もちろん、波乱度の高いレースでもガチガチの人気馬券で決まることもあるよ!

 

あくまでデータは参考程度にして、最後は自分の判断で馬券を買ってくださいね。

 

本日は、以上です!