友達は少ない方が良いんじゃない??

年間100冊の本を読むぼくが、ブックカバーはいらないと思う訳

 

f:id:oshaberiitboy:20160620220757p:plain

どうも、おしゃべり孤独ブロガーのおじゅん( @Jumsei )です。

ぼくは読書が好きで、年間に100冊は読んでいます。

 

よく書店に新刊を買いにいきますし、

ブックオフで掘り出し物を探すのも大好きです。

 

ただ、読んでいる本にはブックカバーは付けません。

周りは誰も、ぼくの読む本に興味はないと思ってるからです。

 

最近はレジで勝手に紙のブックカバーをつけてくるんですけど、

あれって何なんでしょうね?

 

ハッキリ言って、押し付けがましくて迷惑なんですよ。

全然エコじゃないですし。ゴミになるし。

 

 

りはそんなに、あなたを見てません

 

ブックカバーをかけてる人って、

「自分の読む本を周りに見られたくない」って方が多そうです。

 

ぶっちゃけ、周りを意識しすぎてると思います。

 

例えば電車の中で他人がカバー無しで読書をしてても、

まったく気に留めないでしょう。

 

ちょっと興味があったとしても、

「あ、あの人◯◯さんの本読んでる」ぐらいです。

 

だいたいブックカバーで本の情報をシャットアウトできても、

服装や他の持ち物で興味を持たれる可能性もあるんですから。

 

気にするだけムダなんですよ。

 

 上で書いたレジで勝手にカバーをつけてくる件も、

お客さんからの要望で始まったのでしょう。

 

自意識過剰だと思うし、もっと他のことを気にした方が良いですね。

 

ボロボロの靴の人がブックカバーをかけてると、

気にする所が違うだろー」と心でツッコミを入れてます。

 

まあ電車で官能小説を読むなら、カバーはつけといて欲しいですけど(笑)

こっちも表紙が気になってしょうがないんで。 

 

▪️プロフィール▪️

管理人:おじゅん

TEL:070-5346-8337

Mail:jumseiya@gmail.com

 

広告を非表示にする