友達は少ない方がいいんじゃない??

おしゃべり孤独ブロガーのおじゅんが、仕事や生活や下ネタについて語る。自営をしてたので、その話も。友達は少ないです。

経営者の目線は「経営者」にしか持てない。社員にいうのはムダ。

f:id:oshaberiitboy:20160621032214p:plain

 

どうも、おしゃべり孤独ブロガーのおじゅん( @Jumsei )です。

 

日本で仕事をしていると、

よく「経営者の目線で仕事をしろ」というフレーズを耳にします。

 

おじゅんも実際、新卒で入った(ブラック)会社で

トップからよく聞かされました。

 

会社内やお仕事系の自己啓発の本で、

この言葉に触れた経験のある人も多いのではないでしょうか?

 

結論からいうと、

経営者の目線は経営者にならないと身につかないです。

 

よく考えれば当たり前なんですが、

おじゅんはこの意見を耳にしたことがありません。

 

社員にこの言葉使っても、意味ないです。

 

「経営者の目線で働く」のと「実際に経営者として働く」のでは、

天と地ほどの差があります。

 

経営者の目線で働くといっても、所詮それは想像でしかありません。

 

組織の歯車として働く社員(歯車の周りしか見えない)と、

その歯車全体の動きが見えている社長とでは見えてくるものが違って当然です。

 

経営者の目線というのは、「仕事全体の流れを川上から川下まで把握し、それぞれの工程の意味を理解できている」ということです。

 

おじゅんも会社を辞めて独立してから、

やっとトップの言っていたことの意味が理解できるようになりました。

 

だからハッキリ言って、社員に「経営者の目線で〜」というのはムダ。

 

新入社員のスピーチでこの言葉を使っている社長さん、このフレーズで

若者の精神を無理に盛り立てるより、たくさんの給料とお休みを与えたほうが仕事してくれますよ。

 

▪️プロフィール▪️

管理人:おじゅん

TEL:070-5346-8337

Mail:jumseiya@gmail.com