読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達は少ない方がいいんじゃない??

おしゃべり孤独ブロガーのおじゅんが、仕事や生活や下ネタについて語る。自営をしてたので、その話も。友達は少ないです。

【ざっくり紹介】経済やお金のことを学べるオススメ本4選

f:id:oshaberiitboy:20160704011415p:plain

 

どうも、おしゃべり孤独ブロガーのおじゅん( @Jumsei )です。

 

《年間100冊を読破する、おじゅんのざっくり紹介》シリーズです。

 

今回は、お金や経済の仕組みを学べるオススメ作品を紹介します。

興味のあるなしに関わらず、ぼくたちの生活に直結している分野ですね。

 

経済のことなんて、全然わからないよ」という

初心者の方に読んで貰いたいです。

 

ダラダラした文章ではつまらないので、

思い切ってそれぞれの作品を「短くざっくり」紹介していきます。

 

 

経済のニュースがよくわかる本 / 細野真宏 著

 

 

とりあえず経済のことが何も分からなければ、この本を読めば大丈夫です。「経済とは何か」や「円高何か」を超分かりやすく解説しています。

サラリーマンでも経済の仕組みを知らない人は多いので、是非読んでみてください。イラストもかわいいです。

 

高校生からわかる「資本論」 / 池上彰

 

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」
池上 彰
集英社
売り上げランキング: 11,170

 

池上彰さんの最高傑作です。難解な作品である「資本論」を、例え話を使って本当に分かりやすく解説してくれています。

マルクス資本論も、名前ぐらいしかわからない・・・」という人はこの本を読めば十分に理解できます。オススメです。

 

 

 

ちなみに池上さんは資本論の難しい文章表現に疑問を持っており、作品の所々でマルクスを皮肉っています

特に「おわりに」の最後の一文が非常に毒っ気があって、おじゅんは大好きです(笑)池上さん、マルクスとは真逆のスタイルですもんね。

 

大人の経済学常識 / トキオ・ナレッジ 著

 

盛り合わせを選んだらお店のカモ! 大人の経済学常識
トキオ・ナレッジ
宝島社
売り上げランキング: 243,231

 

人間って、意外と単純だな。と思わず嘆いてしまう一冊。「なぜ人は限定品に弱いのか?」など、自分の身の回りの出来事を経済学の目線から分析していきます。

上の2冊よりも身近な環境がテーマですので、とっつき易さはバツグンです。

 

お金が教えてくれること / 家入一真

 

お金が教えてくれること  ~マイクロ起業で自由に生きる~
家入 一真
大和書房
売り上げランキング: 70,740

 

おじゅんの大好きな、家入一真さんの本。「お金」がテーマの自己啓発書です。特に印象に残ったのは、「お金と向き合うためには、自分の最低限の維持コストを知る」というフレーズ。

自分は、月に◯万あれば生活できる」という事を把握してる人って、あんまりいないんじゃないでしょうか?

 

この本を読んでいけば、「会社勤め」以外でもお金を稼ぐ手段があることに気づくはずです。

 

読者になるボタン

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 


 

▪️プロフィール▪️
管理人:おじゅん
Twitter:@Jumsei
TEL:070-5346-8337
Mail:jumseiya@gmail.com
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村