友達は少ない方がいいんじゃない??

おしゃべり孤独ブロガーのおじゅんが、仕事や生活や下ネタについて語る。自営をしてたので、その話も。友達は少ないです。

「空気を読め!!」の意味は、「俺の都合の悪いことをするな」だ!!

 

 

f:id:oshaberiitboy:20160717085203p:plain

 

はじめに

 

どうも、おしゃべり孤独ブロガーのおじゅん( @Jumsei )です。

 

ここ最近でよく使われるようになった言葉で、

空気を読めというものがあります。

 

ただおじゅんは「空気を読めよ!」とか「KY」という

言葉は「俺の都合の悪いことをするな」と一緒の意味だと思っています。

 

そう考えたら、めちゃくちゃ独裁的で失礼なワードなんですよね。

極端な話、相手を支配しようとしてるんですから。

 

 

 

そもそも空気を読むとは?

 

そもそも、空気を読むというのはどういうことなのか?

 

以下、ウィキ先生からの一部引用です。

とくにコミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない(もしくは表現が忌避されている)関係性の諸要素のことなどを示す日本語の慣用句である。

場の空気 - Wikipedia

 

・・・わかりづらい(汗)

 

つまりは「この人たち(自分含む)はAという関係だから、自分はその関係を崩さないようにBの動きを今はしよう。」を、各自がそれぞれ考えているということです。

 

しかし恐ろしいのは、その考え方がどうしても

個人の判断に任せられてしまうということ。

 

だから大多数の思惑とは別の動きをしてしまう人が

「空気を読め!」と言われてしまいます。

 

ハッキリいうと「あなたは(今は)都合の悪い人」と突きつけられているようなもの。

厳しい現実です。

 

・・・でもこれって、ある意味ラッキーだと思うんです。

 

そんな集団からは、さっさと抜け出してしまえるチャンスなんですから。

 

自分で集団を作れば、「空気読め」なんて言われない

 

「でも、この集団から抜けたら行くところがないよ」と、いう人もいるでしょう。

そんな時は、「あなたが集団を生み出せばいい」んです。

 

あなたの考え方に共感する人を集めれば、

誰からも「空気読め」なんて言われません。

 

だからといって自由に振舞いすぎると、

初期ジョブズのように組織から追い出されるかもなので、ほどほどに(笑)

 

ではでは!!

 

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))
山本 七平
文藝春秋
売り上げランキング: 2,097

 

読者になるボタン

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 


▪️プロフィール▪️
管理人:おじゅん
Twitter:@Jumsei
TEL:070-5346-8337
Mail:jumseiya@gmail.com
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村