友達は少ない方が良いんじゃない??

「○つの理由」というタイトルの記事が世間に溢れかえっているので、他の表現が無いかいくつか考えてみた。

f:id:oshaberiitboy:20170807233433j:plain

 

どうも、おじゅんです。

 

最近、「〜が△△な◯つの理由」というタイトルのブログ記事や本が多すぎません?

 

まあおじゅん自身も、記事の題名に使ってたりしてましたがw

 

ただ猫も杓子もここまで「◯つの理由」一辺倒だと、

正直見るのも飽きてくるんですよ。

 

その「理由」も、正直大した内容じゃ無かったり、

明らかに数を増やす目的で書かれてる物だったりしますから。

 

この言い回しが流行っているから、PV稼ぐために使っちゃえ!

って便乗してる人が多い印象です。

 

イケダハヤトさんの「まだ東京で消耗してるの?」が注目されてから、

「まだ◯◯で消耗してるの?」って書かれた記事が溢れかえってムズムズするのと似てますね。

 

ブログやネット記事にこのタイトルが付いてたら、

「あーはいはい。飽きた飽きた」ってことですぐに「戻る」ボタン押しちゃいます(^_^;)

 

そんな苦笑いこの上ないタイトルを、

何とか別の表現に言い換えてみました。

 

 

 

「◯つの理由」を、こう変えてみた。

 

1.〜な理由◯選 

 

最近でもチラホラと見られる、タイトル表記です。

 

言いたい内容はあまり変わっていませんが、

言葉が変わるだけで満腹感が少し減りますね

 

2.〜な◯つの方法

 

こちらも「理由 → 方法」に変わっただけです。

でもそれだけで「おっ!この人分かってるな!記事見てみよ!」と

おじゅんは思っちゃうわけです。

 

単純って、言わないでw

 

3.〜な理由をいくつか考えて見た

 

今回のタイトルにも、使われている表現です。

 

「いくつか」という言い回しをすることで、

「明確には言っていないが、あまり多くはないだろう(=サッと読むのに支障なし)個数」を連想させています。

 

他には、「まとめてみた」って表現でもいいですね。

おじゅんも最近の記事で使ってます。

 

oshaberiitboy.hatenablog.com

 

4.そもそも「◯つ」をつけない

 

そもそも「〜が△△な理由」というタイトルだけで、

記事として十分魅力があるとおじゅんは思います。

 

「〜(主語)」と「△△(動詞)」の部分には、センスが問われますけどねw

 

ただこのタイトルをつけている記事の方が、

小手先の表現で勝負していないので印象はすっごく良いです。

 

というわけで、いくつか代案を考えてみました。

 

複数の効果的な言い回しを持っておけば、

受け手のイメージもだいぶ良くなりますからねえ。

 

皆さんも、ぜひ試してください!

 

ではでは!

 

 

 

読者になるボタン

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑