面白いブログのタイトルはどう決める?メッセージを込めるのは間違いかも

f:id:oshaberiitboy:20171025035458p:plain

 

 

ブログのタイトルを「友達は少ない方がいいんじゃない?」から「おじゅんログ」に変更しました。

  

 

【追記】2018.05---

 

「おじゅんログ」からさらに「ブラックリストのおじゅんログ」に変えました。ブラックリストに関連する記事が多くなってきたので、タイトルにも統一性があったほうがいいのかなー、と思ったんです。

 

--- 

 

え?どうでもいい?まあまあ、気持ちは分かりますが聞いてくださいってば。

 

変えた理由としては、以前のタイトルが「メッセージ性が強すぎるんじゃないか?」と思ったからなんです。

 

 

 

ブログタイトルに忖度してしまう

 

以前のタイトル、「友達は少ない方がいいんじゃない?」

 

ハッキリ言いますが、このタイトルは某イケハヤさんのブログをパクりました。

 

疑問文つけて、世間と逆のことを訴えたらウケるんじゃね?なんて浅はかな考えがあったんです。消耗です。

 

ただ、個性が強いのもデメリットがあります。

 

インパクトの強いタイトルをつけると、「それに沿った記事を書かなきゃダメなんじゃないか」と悩むようになりました。

 

僕は競馬やクレジットカードが好きなので関連する記事もちょくちょく書きますが、ブログのタイトルとは全然関係ない内容です。

 

ブログの主題と記事の内容が違うのは、自分の中でもかなり違和感がありました。

 

「友達が少なくてもいい」なんて要素、ほとんどないですからねw

 

要は、自分で自分に忖度しちゃった訳です。

 

そしてそれに疲れちゃった訳です。

 

 

f:id:oshaberiitboy:20171025035708j:plain

  

僕は某イケハヤさんのように、「消耗してるの?」系に特化したような記事を書くのは苦手です。どちらかというと、手広い話題を記事にしたいタイプ。

 

競馬から政治経済まで、割となんでもアリ。

 

ならば、ブログタイトルも「おじゅんログ」とざっくりした物の方が相性がいいんだと思います。

 

そう考えるとちきりんさんの「ちきりんの日記」なんかは、シンプルだけど上手いタイトルですよね。外見ではなく、内容の鋭さで差別化してますから。

 

 

おわりに

  

ブログの方向性が明確なら、タイトルもそれに沿ってもいいと思います。

 

ただ僕のような雑記ブログなら、いい意味で薄っぺらいタイトルの方がオススメです。

 

個性が強いタイトルも、運営者が真面目すぎるとクビを締めちゃうなー(^_^;)

 

本日は、以上です!