【競馬】ディープ産駒の庭、きさらぎ賞2018馬券予想

f:id:oshaberiitboy:20180202041650j:plain

 

 

今回は、きさらぎ賞を予想するよ!去年はアメリカズカップが先行からの競馬で勝利したね!

きさらぎ賞って、どんなレース?

3歳クラシックで活躍する馬がたくさん優勝してる、極上のステップレースさ!

 

 

きさらぎ賞は京都の芝1800というコースで、ハッキリとした「直線でのキレ味勝負」の傾向が出る重賞。

つまりキレ味勝負が大得意な、ディープインパクト産駒の持ち味が溢れ出るコースなんです。まさに「ディープ産駒の庭」

 

 

毎年10頭前後の少頭数のレースということもあってか、馬券は手堅く収まることが多いんですよ。

 

 

まさに「競馬ビギナーでも当てやすい、シンプルな重賞レース」、と言っても過言じゃねえ!

良いのか?こんなフラグ立てて。

 

 

過去10年のデータは、競馬ラボさんから見れます。

 

 

www.keibalab.jp

 

 

 

 

 

オススメ馬の一覧

 

 

最初に言いますが、今回は

 

  • カツジ
  • グローリーウェイズ
  • ラセット

 

3頭の3連複しか買いません。これで十分!

 

 

どうしてその3頭で良いの?

 

 

という方へ、過去のきさらぎ賞(特に記載が無ければ過去10年)の傾向をざっくりまとめてみました。

 

 

  1. キャリア「1戦」ならびに「7戦以上」だった馬は全て4着以下
  2. 新馬、GⅠ、GⅡ以外のレースで4着以下に敗れた経験のない馬が3着以内に来やすい
  3. 過去5年、出走レースで上がり3ハロンが1位になったことがある馬が1〜3着を独占

 データ分析:きさらぎ賞 今週の注目レース JRA

 

 

こんな感じです。

 

 

今回出走馬は10頭いますが、上の傾向を照らし合わせると、最後は管理人の挙げた3頭しか残りません。

 

 

ね?きさらぎ賞って分かりやすいでしょ?

 

 

ただぶっちゃけ、迷いがないと言ったら嘘になります(なんやねん)。

ダノンマジェスティやレッドレオンもちょっと気になりますが、どちらもキャリアが1戦のみなので今回は外しました。

 

 

まとめ:京都芝1800はディープ産駒買っとけ

 

 

管理人は馬券で血統を重視することはほとんどありませんけど、とにかくきさらぎ賞は「ディープ産駒の庭」。

これに尽きます。

 

 

これほど血統の影響が出やすいコースは、他にあんまり無いです。

 

 

ディープ産駒はどれも人気になりそうですけどね。

まあ、ラセットが穴気味なんで3連複ならオッズは美味しいかと。

うまく3着に滑り込めれば・・・・!

 

 

本日は、以上です!