なぜブログの更新が滞っただけで、わざわざ謝る必要があるんですか?

f:id:oshaberiitboy:20180206063037j:plain

 

 

世の中、「わざわざそんなことしなくても、誰も気にしないでしょ?」って疑問に思うこと、ありますよね?

 

 

例えば、ブログの更新が滞って久々に記事を書いたときに、開口一番に「更新が遅れてすいません!」って謝罪から始まるブロガーさんなんか、まさにそれ。

 

芸能人ならまだしもさ、記事が更新されないぐらいで心配する人なんていないって!

 

謝る人は自意識過剰

 

 

先日別の方のブログを見ていたら、めっちゃ共感したので僕も記事にしました(笑)

 

 

amgmc.hatenablog.com

 

「時にブログ更新ができなかった時なんかにしばらく更新できずにすみませんでした。とか申し訳ございませんってあやまってる人がちらほらいてるんやけど、何で謝るん?自分のペースで更新したらいいやんか。謝るほど読者は期待してる?」(中略)

何かにせっつかれて義務感みたいなものが生じると自分でしんどくなってきます。自分らしく、自分のペースで、自分の書きたいことを。だから、謝る必要なんてない。そう思います。

 

 

「 謝るほど読者は期待してる?」って言い回しは、なかなか破壊力がありますね。

謝罪のワードでよくあるのが、

 

 

  • 「記事を待ってた皆さん、申し訳ありません」
  • 「仕事が忙しくて、更新をサボってました」
  • 「これからは、なるべく更新頻度を上げるように頑張ります!」

 

ただこっちはそんな文言を見ると、

 

なんか、ツイッターで「仕事ツライけど落ち込むな!頑張れワタシ!」って自分をムリヤリ励ましてる女子と、同じニオイがするぞ・・・。

 

と、そっちの方が心配になります(笑)

 

 

そりゃ本当に記事を待ってる人もいるかも知れませんし、あるいは自分に言い聞かせるために謝ってる場合もあるでしょう。

ただ、1つだけ言えるのは、やっぱり謝罪する人は自意識過剰だと言うこと(笑) 

 

 

大丈夫!読者はそんなに、あなたの更新のサボりは気にしてない!それよりも、良い記事を書く方が大事だよ。

 

と、声を大にして管理人は言いたいんや!

 

 

 

 

検索で記事を見にきた人にとって、謝罪は邪魔 

 

f:id:oshaberiitboy:20180206063202j:plain

 

 

「更新をサボった謝罪」は何もメリットを産まないどころか、ネット検索で記事を見てくれた人にとっては邪魔でしかありません。 

 

「仕事のストレスと減らす方法3選」か。参考になりそう!

久々の記事更新になります。お待たせしちゃて申し訳ありませんでした。最近は仕事が繁忙期なだけでなく、精神的に色々ツライことが続いて(以後、謝罪が続く)

・・・(戻るボタンポチッ)

 

 

こんな感じで、せっかく検索して探した記事が謝罪から始まったら良い気分はしないですよね?

いくら良質な記事でも、これじゃアクセスは集まりません。

 

 

久々の更新で申し訳ない気持ちも分かるけど、謝罪はスパッと取り除いたほうが記事のクオリティが上がりますよ。

 

 

まとめ:謝る必要は無いし、更新を意識しすぎるとまたサボりがちになる

 

以上、「更新が滞ったときの謝罪について」書きました。

一言で結論を言えば、謝罪なんていりません!

のびのびと、記事を書いたら良いんです!

 

 

上のブロガーさんも書いてますが、「更新の義務感」が生まれてくるとメンタルがしんどくなってきます。

 

 

そして、

 

  • しんどさから逃げるために更新をサボる →  
  • 久々に更新してまたしんどくなってくる →
  • しんどさから(省略)

 

の、無限ループに陥ります。

 

 

自分のペースで、記事を書くのが1番ですね!

 

本日は、以上です!